レンタルサーバー・独自ドメイン取得・設定編

レンタルサーバー・ドメインの契約~ワードプレスの立ち上げについて

レンタルサーバーの契約方法【エックスサーバー編】

ブログアフィリエイトでお金を稼ぐために必要なワードプレスを開設するにあたっては、独自ドメインとレンタルサーバーの契約が必要になってきます。

今回はレンタルサーバーの契約~独自ドメインの取得を行い、SSL化、ワードプレスの設置までを詳しくご紹介していきます。

レンタルサーバーのサービスを展開するところは様々ありますが、私が実際に使っていて利便性が高く、コスパ面も良い「エックスサーバー」での手続きを見本にしてご紹介していきます。

 

サーバーと独自ドメインをお得に取得するおすすめの方法

2021年12月現在、エックスサーバーの契約時に独自ドメインが1つ無料で取得できるようになり、結果的に独自ドメイン単体で取得する必要がなくなりました。

つまり、レンタルサーバーの契約をするだけで独自ドメインも取得でき、サーバーサービス内で紐付けも行う事が可能になります。

結果的に管理する手間も省けますので、おすすめの方法としては、お名前ドットコムで独自ドメインは取得せず、レンタルサーバーの契約を行って独自ドメインも無料で取得する、という方法がもっとも効率的です。

おすすめのレンタルサーバーはこちら↓

エックスサーバー公式サイト

ConoHa WINGも第2候補としておすすめです↓

ConoHa WING公式サイト

レンタルサーバーの契約方法【エックスサーバー編】

レンタルサーバーで「エックスサーバー」をオススメする理由は?

アフィリエイトブログを運営していく際にもっとも重要なのは、「安定性」と「表示速度」です。

紹介しているエックスサーバーはそれぞれのデータ比較において業界NO.1の実績を誇っています。

ご自身のブログにアクセスが集中した時、負荷に耐え切れずにサーバーがダウン、なんてトラブルも珍しくありません。

また、ブログ運営を続けていくうえでサイトの読み込み速度がとても重要になってきます。

エックスサーバーを使ってからこれらの不安が解消されており、安心・安全にブログ運営を続けていることから、おすすめのレンタルサーバーになっています!

>>エックスサーバーの契約はこちら

申し込む際は「X10プランの1年契約」がおすすめ!

エックスサーバーの価格表(2021年4月)

X10プランの料金は12か月契約で16,500円(税込み)です。

※時期によりキャンペーンで値下げの場合もありますので、1年間での契約が最もお得です。

 

エックスサーバーは他のレンタルサーバーと値段を比較すると少しだけ高いと感じるかもしれませんが、機能性が良いのでトータルでのコスパは抜群

他のレンタルサーバーと比較してもサポート面なども手厚いので、アフィリエイト初心者にとって、このサーバーサービスを利用しておけばまず間違いないです!

>>エックスサーバーの契約はこちら

独自ドメインの取得方法について

独自ドメインの取得方法についてご紹介していきます。

そもそも独自ドメインとはあなたのブログを作るうえで必要な、いわばインターネット上の「住所」のようなものです。

独自ドメイン=住所

レンタルサーバー=お家

というイメージです。

独自ドメインを取得(購入)してブログの住所として設定し、レンタルサーバーと紐づけを行う事であなたのブログが始めてネット上で検索できるようになります。

独自ドメインの取得はどうする?

独自ドメインをお得に取得するおすすめの方法

2021年12月現在、サーバーの契約時に独自ドメインが1つ無料で取得できるようになり、結果的に独自ドメイン単体で取得する必要がなくなりました。

つまり、レンタルサーバーの契約をするだけで独自ドメインも取得できるので、1つのサービスで紐付けも行う事が可能になります。

結果的に管理する手間も省けますので、おすすめの方法としては、レンタルサーバーの契約を行って独自ドメインも無料で取得する、という方法がもっとも効率的です。

おすすめのレンタルサーバーはこちら↓

エックスサーバー公式サイト

ConoHa WINGも第2候補としておすすめです↓

ConoHa WING公式サイト

 

ドメイン単体で取得する場合におすすめするのは、「お名前.com」というサービス。

国内№1のシェアを誇り、安心・安全に利用できる独自ドメイン取得サービスです。

>>お名前.comの公式サイトはこちら

独自ドメインの種類や値段は?

選定するドメインによって価格はさまざま。

1円から購入できるドメインにたいして、なかには数万円するドメインも珍しくありません。

これからブログを立ち上げる初心者の方におすすめの独自ドメインは、以下の

.com
.net
.jp
.site
.biz

など。いずれも1円~千円で購入できるリーズナブルな価格設定ですのでオススメです!

>>レンタルサーバーの契約・手続き方法はこちら

独自ドメイン名は何でもいい?

名称は常識の範囲内の文言・名称であれば自由に設定して問題ありません。

私が推奨するのは、ご自身のブログのタイトル名とあわせて設定すると、検索ユーザーからの親和性が高まりますのでおすすめです。

仮にですが、「イッペイブログ」というサイト名であれば

https://ippeiblog.com

とかですね。

ブログのタイトルとドメイン名の統一性がでたことで、ユーザーからすぐに理解してもらいやすいです。

この場合、サイト名に合わせて独自ドメインも取得したいでしょうから。ブログのネーミングを決める時ってめっちゃ悩むと思いますので、無理にネーミングを合わせる必要はありません。

 

ご自身の考えたもので大丈夫です。

ブログ名はサイトを立ち上げた後でも変更はできますから。

また、独自ドメインの取得は英字もちろん日本語でもどちらでも設定する事ができるのですが、基本的には「英字」にしてください。

日本語ですと検索エンジン側で日本語の読み込み表記が長くなり、結果としてURLが長く表示されてしまい、理解されにくい、引用されにくい、というデメリットがありますので、

りんご=ringo

https://ringo.com

上記のような表現に変えるなどして対応するのがおすすめです^^

レンタルサーバーと独自ドメインを紐付ける方法

独自ドメインは取得しても設定なしで使用できるわけではありません。

契約したレンタルサーバーと独自ドメインを紐付ける作業が必要となってきます。

今回はおすすめのレンタルサーバーであるエックスサーバーと、お名前.comで事前に取得していただいた独自ドメインをレンタルサーバーと紐付ける方法についてご紹介していきます。

レンタルサーバーから独自ドメインを取得した場合、上記の動画で紹介したお名前ドットコムで独自ドメインを取得する作業が必要がなくなります。

>>お名前.comの契約はこちら

>>エックスサーバーの契約はこちら

ドメインのSSL化を行う方法(エックスサーバー)

ご自身で取得された独自ドメインは、そのままの状態ですと、いわば「プロテクトがかかっていない素の状態」なので、セキュリティ面で保護されていない状態です。

 

保護プロテクトをかけることで不正アクセスなどのリスクを回避できますし、実際に検索エンジン側(SEO)でもドメインのSSL化を推奨を謳っていることから、SEOの観点からも重要な設定要素になってきます。

最初はちょっと悩むかもしれませんが、動画説明を見れば問題なくできると思いますので、焦らず設定していきましょう。

今回の説明は契約したレンタルサーバー(エックスサーバー)にて、方法をご説明していきます。

SSL化の完成させる手順は3つです。

 

①レンタルサーバー側(SSL化設定をする)

②ワードプレス側(基本設定→アドレス設定を変更)

③レンタルサーバー側(.htaccess設定をする)

 

この順番に設定を行います

そもそもドメインのSSL化とは?

ドメインのSSL化を行う方法(エックスサーバー)

SSL化とは、URLを「HTTP化する」=「暗号化する」という意味になります。

URLの暗号化を行う事で

  • 通信内容の盗聴や漏洩
  • 通信内容の改ざん

などを防ぐ事ができます。

この観点から、WEBサイト上で個人情報などの重要情報を外部にリークしないよう、ご自身で取得した独自ドメインはセキュリティ保護をする必要があります。

また、ドメインがプロテクトすることでSEOからの評価もアップしますので、初期ブログ運営においても必ず行っておくべき初期設定になっています。

ドメインをSSL化する設定について

※他のサーバーの場合でも大きな変更はないと思います。

詳細はネット検索すれば出てきますので、調べながらやっていけば設定できるはずです

SSL化の設定を完了しても、ドメイン自体に反映するのに約1~3時間程度を要します。

反映が完了しましたら、次はインストールしたワードプレス側の立ち上げ準備を行う為、

ワードプレスの初期設定のコンテンツから視聴しましょう。

 

ワードレス側での初期設定が完了したらまたこちらに戻ってきてもらい、

以下の「.htaccess」設定を行うようにしてくださいね。

「.htaccess」でリダイレクトコードを入れてURLを1つに統一する(レンタルサーバー側で設定)

SSL化をおこなうと、取得したドメイン名が「http」から「https」に変化しますと、ご自身のブログのURLが2つ存在する事になります。

私のブログに置き換えてみますと、

  1. http://ippey-officialblog.com/
  2. https://ippey-officialblog.com/

 

ということになります。

このようにSSL化したURLも含めて、WEB上ではそれぞれのURLでアクセスが可能になっています。

 

これは単純に2つにドメインが分けられることなので「アクセスが分散してしまう」という事になります。

検索エンジンであるGoogleに「私のブログはSSL化したURLだけです」として、こちらからアピールして知らせなければなりません。

それが、「.htaccessにリダイレクトコードを入れる」という方法です。

 

(ドットエイチティーアクセス)。ちょっと難しく感じるかもしれませんが、説明のとおり行えば問題なく出来ますので大丈夫です。

では、さっそく.htaccess(ドットエイチティーアクセス)にリダイレクトコードを入れる方法をご紹介します。

.htaccess設定①:レンタルサーバーにアクセスする

エックスサーバーにて「ホームページ」の中の「.htaccess編集」という項目を選択して編集エディターに入ってください。

.htaccess設定②:コードの貼り付け

編集エディターに入ったら、以下のコードをコピーしてください。

.htaccessに入れるリダイレクトコード

色付き枠のなかのコードをすべてコピーしてお使いください↓

  1. <IfModule mod_rewrite.c>
  2. RewriteEngine On
  3. RewriteCond %{HTTPS} off
  4. RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
  5. </IfModule>

 

コピーしましたら、さっそく該当する部分に貼り付けます。

貼り付け方法は↓

# BEGIN WordPress

# END WordPress

の間に、先ほどコピーしたコードを貼り付けてください。

 

また、以下の画像のように他のコードがすでにある場合がありますが、考え方は同じです。

# BEGIN WordPressの下に改行をして、スペースをあけて貼り付けるといいでしょう。

終わったら、確認画面に進む、を押して設定を完了させましょう。

 

また、ワードプレスの初期設定でお伝えしていますが、基本設定でサイトアドレスとWordPressアドレスの項目にもそれぞれ「s」を必ず入れて設定してくださいね。

そうしないといつまでたってもSSL化が行われない状態になりますので。

.htaccess設定③:最終確認

これで、すべてのSSL化の設定は終了です。あとは適用されるまで、ある程度の時間が必要なので、2~3時間待ってからドメインのSSL化の確認してみましょう。

こうなっていればSSL化のすべてが完了です!

 

>>エックスサーバーはこちら

ワードプレスの簡単インストール方法(エックスサーバー)

ブログアフィリエイトを実践していくにあたり、ワードプレスを立ち上げなければなりません。

ブログサイト作成ツールであるワードプレスは、様々なレンタルサーバーサービス側からのインストールする事が可能ですが、今回は私のおすすめのレンタルサーバーであるエックスサーバーからワードプレスの簡単インストール方法をご紹介していきます。

 

レンタルサーバーとドメインの紐付けが完了したら、ワードプレスをインストールしてご自身のブログを立ち上げていく準備を行っていきましょう。

>>エックスサーバーはこちら