記事作成編

記事作成についての考え方や書き方について

記事作成についての考え方や書き方について

今回はワードプレスを立ち上げてブログアフィリエイトを行う為に、記事作成編として、記事の書き方についての考え方や方法をご紹介します。

基本的な記事の書き方を習得する事によって、ブログアフィリエイトは飛躍的に向上します。

また、記事を見てくださるユーザーさんにとってより良い価値を提供する為に、記事作成の考え方や書き方をここでマスターしていきましょう。

記事作成についての考え方や書き方について

 

記事構成の全体イメージと文字ボリュームの考え方

ブログ記事の基本構成

記事構成の全体イメージとしては

  • 記事タイトル
  • 冒頭文(リード文)
  • 各見出し
  • 各内容

このようになります。

 

そして、記事の正しい文字数を知りたい方が多いと思います。

文字ボリュームってどのくらいあればいいのか?

気になりますよね。

 

これには賛否両論ありますが、結論からいうと最低1300文字~2000文字あれば問題ないと思います。

その文字数で「検索ユーザーが満足できる答えが確実に提示している記事」になっていれば、の話です。

 

それを満たしていない場合は、

・より詳しく紹介する

・必要なコンテンツを増やす

こちらの施策が必要となります。

 

最終的にその記事の文字数が最適かどうかは「検索ユーザー」が決めることですので、実際に記事を公開したのち、アナリティクスでの直帰率やページセッション数、そして検索ページの順位をみて、記事コンテンツの評価判断をするとよいでしょう。

しかしながら私の肌感では、Google側に良いコンテンツとして評価される記事は、執筆するジャンルにもよりますが、平均的に3000~5000文字くらいの記事になることが多いです。

 

ブログの書き始めはアドセンス審査の絡みもありますので、約1300~2000文字を目標に作成をしていって下さい。

執筆に慣れてくれば、3000~5000文字以上の記事も楽に書けちゃいます。

大事なのは記事構成の「型」を忘れないことです。

記事作成のテクニック:PREP法

記事タイトルや見出しのコンテンツでもお伝えしていますが、PREP法というテクニックを使って記事構成をを意識して書くと、次第にスラスラと書けるようになってきます。

 

ここにタイトルを入力

P:結論

R:理由

E:具体例

P:結論

最初に結論を述べて、次にその結論に至る理由や、続いてイメージしやすいように具体例を挙げ、最後にもう一度結論を述べて締めるという流れです。

このような構成にすることで、検索ユーザーとしては、以下のように読み進めることができます。

・一番最初に結果を知ることで、ユーザーの満足度を高めることができる
・求めていた結果に対しての理由・原因を理解してもらう
・具体例や対策も示すことで共感や信頼性が増す
・最後にもう一度結論を確認することで内容の定着=行動(成約)を起こす

こちらのサイトの記事も参考にしてみてください。

文章の改行・空白改行について

1~4行に1度「空白改行」を入れてください。

1行は長くとも3節程度で改行を行います。

「。 ! ?」の後はかならず改行してください。

文字装飾の考え方

文字装飾はシンプルに、装飾する部分は「キーワードと答え」だけに定めてください。

 

基本は太文字・赤文字・デカ文字の組み合わせのみで大丈夫です。

もっとも重要な部分にはアンダーライン黄色の背景色を追加するなどしても効果的ですね。

しかし、いずれも多用は厳禁です。

 

以下は文字装飾においての参考内容です↓

 

今回は記事のタイトル・見出しの設定方法についてご紹介します。

タイトルは記事作成を行ううえでもっとも大事な要素ですし、SEOの視点でみても重要です。

また、見出しにおいてもタイトル同様に重要になってきます。

そこで今回は、記事タイトル・見出しにたいして必要な設定方法を紹介していきます。

記事のタイトルや見出しの設定方法について

 

「PREP法」を意識したブログ記事の構成

ブログ記事の構成・PREP法

PREP法とは、「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」の順番で話を展開するフレームワークのこと。

相手を説得させるために理論的に伝えるためのテクニックの1つでもあり、プレゼンテーションなどでよく活用されている手法の1つですね。

ブログ記事においても、ユーザーを納得させるためにこのPREP法の要素を使って記事の構成を作ることが多いです。

ブログ記事の基本構成

※見出しの数は指定ではなく、あくまで参考です。記事事にご自身で任意で設定してください。

PREP法ではない構成で記事作成を行った方がいい場合もありますが、(結論は一番最後にもってくるパターンなど)基本的にはPREP法を意識して執筆を行っていけばOKです。

記事タイトルで重要な考え方は?

記事タイトルはSEO上、もっとも重要なパートです。

検索キーワードをもとに「検索ユーザーが解決したい悩み」を考えて作成していきましょう。

  • タイトルはGoogleから評価を受けるSEO上もっとも大事な部分
  • 自分の好きなようにタイトルを決めない=読まれない記事になる
  • 検索キーワードを選定したタイトルを作る=SEO対策であり、記事設計を行うため
  • キーワードは左詰めで設定する。メインキーワードは最優先で左側へ
  • メインキーワード・関連キーワードそれぞれ入れる
  • タイトル文字数は32文字前後(厳密には30~41文字以内)でおさめる
  • 感嘆符(!)疑問符(?)を文尾にいれたほうが良い。多用はしない。
  • キーワード間は助詞や接続詞などで出来るだけ短くつなぐ
  • 読点「、」はタイトルでは使わない

ディスクリプション設定についてはこちらを確認してください。

見出しの設定について

  • タイトルの検索意図を把握する。その意図に答えを提示する為の見出し
  • メインキーワードや関連キーワードを組み合わせて設定する
  • キーワードは一つの見出しに詰込み過ぎない。小見出しを作って階層化を意識する
  • タイトル同様にキーワード間を出来るだけ助詞でつなぎ、おかしくない表現にする
  • 語尾の最後は「疑問符 ?」「感嘆符 !」を意識的に使用する
  • 読点「、」は見出しでも使わない
  • 見出しは見出し2(h2)から使い始める
  • 見出し1(h1)はタイトルなので使わない
  • 使用する見出しは見出し4(h4)までで十分

見出し設定では、タイトルにたいして検索ユーザーの知りたい悩みをさらに深堀り・細分化していきます。

 

記事タイトルにたいして検索ユーザーはどんなことを知りたいのか?

 

検索ユーザーの立場になって考えることで、解決法やその理由、具体例などがご自身のなかで理解できるようになってきます。

 

検索ユーザーが気になることを思いついた時点で箇条書きにしておいて、それをもとに見出し設定をおこなっていきます。

 

ここで注意ですが、くれぐれも見出し設定をおこなっていない段階で記事作成はしないようにしてください。

 

記事設計を行っていない段階で記事内容を書き始めるというのは、設計図を見ないで家を建てるようなものです。

最終的に何を伝えたいのかさっぱりわからない記事になり、かけた時間も労力もすべてが無駄になってしまいます。

きちんと見出し設定を行うことで「記事設計」が行われたことになり、すらすらと記事を書けるようになることを実感すると思います。