ネタ選定編

キーワードの種類やキーワード選定方法について

キーワードの種類やキーワードの考え方について

キーワードの種類やキーワードの考え方についてご紹介していきます。

今後、記事を執筆していくのには、執筆したいジャンルの選定に加えて、

「キーワードの選定」が必要になってきます。

ネタ選定、とも言ったりしますが、キーワードのチョイスは収益に直結する重要なノウハウですので、基礎知識として、これからキーワードの種類や考え方について学んでいきましょう。

キーワードの種類やキーワードの考え方について

  • ユーザーがネットで検索する特定の文言が「検索キーワード」
  • そのキーワードを狙い記事を書く=ユーザーに読まれ、アクセスが集まる
  • 主に「Yahoo」や「Google」でキーワードをチェック・ネタ選定していく
  • 目指すのは狙った検索キーワードで上位表示すること「検索1位」を目指す
  • ライバルが強い・弱いキーワードがある = 弱いキーワードを狙う
  • キーワードには様々な呼び方がある

 

キーワードの呼び方について

トレンドキーワード

事象が起きた時に発生するKWのこと。

アクセスが集まりやすいが、需要は短め。

すぐにアクセスを集めやすいので、初心者にオススメ。

PV重視のため、アドセンス向き(クリック型アフィリエイト)。

 

ジャンルキーワード

「タピオカ」「青汁」などの特定ジャンルのKW

アクセスが安定し需要も長いがライバルが強い(成約型アフィリエイト向き)。

 

一般キーワード

「シミを消す方法」「脱毛したい 方法」ユーザーの悩み系のKW

ジャンルキーワード同様、アクセスが安定し需要も長いがライバルが強い(成約型アフィリエイト向き)

 

商標キーワード

「すっきりフルーツ青汁」など、特定の商品名をさしたKW

大きく稼げるが、その分ライバルが強い。

不人気商品は稼げない(成約型アフィリエイト向き)。

 

単一キーワード・複合キーワードについて

  • 単一キーワード1語で終わるキーワードの事(単一キーワード例「浜辺美波」)
  • 複合キーワード「浜辺美波 映画 最新」 関連性のある文言がスペースをあけて続くKWの事
  • 単一キーワード:ライバルが強いので、単一だけでは狙わない
  • 複合キーワードを狙う:ライバルが弱い=上位表示できる=記事が読まれる
  • YahooやGoogleから複合キーワードを選定していく

 

初心者の方はトレンドキーワードを狙う

  • アクセスを集まるのを一番体感できるのはトレンドキーワード
  • 需要は短いが、当たれば大きな成果を期待できる
  • アクセスが集まる=検索エンジンから評価される=サイトパワーが上がる
  • キーワード選定の能力がつく
  • トレンドを読み取る=他のジャンルでも応用が利く
  • まずはクリック型アフィリエイト(アドセンス)で広告収入を得る

それでは、

さっそくネタをリサーチして、キーワードを選定していきましょう!

キーワードの見つけ方やネタ選定方法について

キーワードの見つけ方がよくわからない!

そんな方も少なくないと思います。

今回は、そんな「ネタ選定」の方法についてピックアップしていきます。

キーワードの見つけ方は?

  • 基本的にはYahooやGoogleでライバルの弱い複合キーワードを狙う事が大事
  • とはいうものの、なかなか良いキーワードが見つからない
  • オンライン・オフラインそれぞれで狙えるネタは存在する
  • 各媒体・メディアから情報をリサーチする
  • 電車の中の掲示板や広告宣伝などもヒントやネタがある

 

選定の王道はマスメディアからリサーチ

  • テレビ+ラジオ+新聞(雑誌)が王道のリサーチ元
  • テレビ・ラジオの場合は、番組情報をチェックして話題になりそうなネタを探す
  • 番組で出演する芸能人・話題の商品・エリアスポット・イベント
  • ニュース速報などもアツい
  • 雑誌などでは、注目の芸能人・話題のテーマパーク・スポット・イベントなど、沢山のトレンド情報がちりばめられている

 

メディア媒体・SNSなどからのネタ選定

 

ネタを見つけたら、実際にYahooやGoogleの検索ページで

キーワードチェックやライバルチェックをするため

検索してみましょう!

Yahoo

Google

キーワードを実際に選定する時に行う事は?

ネタ元として、YahooニュースやYahooリアルタイム・Googleトレンドから話題になっている人物・事象・イベントなどをピックアップして検索してみる

もちろん、他の媒体から選定するのもOK

まずは選定した単一キーワードがどの程度検索ボリュームがあるかチェックし、複合キーワードが多くあれば狙い目・少なければ狙わない(需要がない)

穴場キーワードを見つけるコツ

  • 単一キーワードのボリュームチェック➡複合KWの数が多ければ狙い目
  • サジェストキーワードは出現が早いので、優先的に検索してみる
  • YahooにないGoogleのサジェストキーワードは狙い目
  • ライバルチェックを行う➡検索ページに狙ったキーワードで他サイトが5つ以下であればチャンス
  • 狙うキーワードの検索意図を理解したうえで記事にする
  • 短期・長期キーワードを見つけてバランスよく記事にしていく➡長く稼げるサイトに