SEO設定について

SEO設定についての重要性

ディスクリプションなどのSEO設定

ディスクリプションやSEO設定の重要性についてご紹介。

ディスクリプションとは、ワードプレスの執筆画面下部に位置するSEO設定の項目のことで、インターネットの検索ページ内で記事タイトルの下に表示される説明部分の内容(検索ページ上では強調スニペットと呼ばれています)を、意図的に設定できます。

 

選定したキーワードを意図的に含ませる事でSEOからの評価が上がり、公開記事が特定のキーワードで上位表示する可能性が高まりますので、しっかりと設定していきましょう。

メタディスクリプションとSEO設定について

■SEO設定が記事内で表示されない場合

記事執筆画面上部にある「表示オプション」を確認してください。

該当する項目にチェックを入れれば問題なく記事下部に表示されるはずです。

SEO設定用プラグインの「All in One SEO」「Yoast SEO」とかを実装すると、執筆エディター下部にタイトルタグやメタディスクリプションタグなどを設定できる部分があるはずですが、表示されない場合は同じように上記の部分をチェックしてみてください。

メタディスクリプション設定について

投稿ページの下部分にあるSEOで重要な設定部分であるメタディスクリプション。

メタディスクリプション「タグ」とついてますが、結局一緒の意味ですw

HTML的にメタだの、タグだの言われているだけなので気にしなくてOKです。

設定の方は大事なので、上記の画像を参考にしてください。

そもそもSEO的にどの設定が重要なのか?

SEO的に重要な設定は

  1. タイトルタグ
  2. メタディスクリプションタグ
  3. カテゴリー

です。

サイドバーのサイドバーのタグ設定は、効果があることはあるのですが、あまり知識がない方がやみくもに入れたりすると余計なリンクが入ってしまいますので、あまりよろしくないです。

なので、サイドバーのタグについては別に入れなくても問題はないので大丈夫です。

あとは「フォーカスキーワード」ですね。

フォーカスキーワードとは?

図解を見てくれればわかると思いますが、SEO設定(執筆エディター下部)の部分にあるところです。ここの設定は以前から重要視されていましたが、Googleが「評価しない」という事を公式発表しています。

今後設定の必要はありませんので、覚えておいてください。

 

ワードプレスでのタグやカテゴリーの設定方法についてご紹介します。

 

SEOにおいて影響があるカテゴリーやタグの設定。

サイトをこれから作っていく際に、カテゴリー分けなどはとても重要になってきます。

 

これだけで検索順位が変動する要素でもあるので、理解をして整えていきましょう、

また、最初から構成を理解してサイト作っていけば、大規模な修正を加えることなく、後々のブログ運営が楽になってきます。

カテゴリーの設定方法

サイドバー横にあるキーワードのタグ付けは現在のノウハウ基準として、設定の必要性はありません。

記事のタイトルタグや見出し設定もSEO上では大事な設定なので、そちらも意識しながらSEO対策を講じていきましょう。

カテゴリーの構築方法

タイトルを設定する

「フルーツ」→「いちご」→「食べ方」

みたいに、日本語で設定する。

ただ、他のカテゴリーに重複する名称は避けましょう。

スラッグ設定をする

SEO上でも大事な設定。

半角英数字で設定しましょう

「いちご」→「ichigo」とかでOK。

タイトル同様に、他のカテゴリースラッグに重複する名称は避けましょう。